糸

postheadericon日本刺繍について

刺繍は1000年以上前に中国から日本へ渡来してきました。そして日本人の様々な技術により工夫されて出てきたのが日本刺繍です。その中で「京繍」と「加賀繍」は経済産業省が認定している伝統工芸によって国から指定を受けています。時代も昭和30年から昭和40年あたりにかけては、相当数売れていましたが、それ以降になると機械ミシンの発達であったり、洋服を着る人が増えてきたりと、手で仕上げていく仕事の量は減ってきました。

しかし上等な着物を依頼するときは手で仕上げられているものがいまだ人気です。

刺繍

postheadericon刺繍の歴史について

刺繍の歴史は古く、中国では3000年の歴史がある、と言われ、日本では江戸時代ごろからの記述が残っています。中世ヨーロッパでは、上流階級の女性の教養として発展したりしました。

刺繍はほとんどが手作業のため、大変根気のいる、労力の必要な作業です。民族的なイメージも強く、特にエスニックファッションには欠かせないものとなっています。そのため、中南米やアジア、アフリカ周辺で、民族衣装や民族雑貨品として制作され、観光客などのお土産品としても親しまれています。

メンズシャツ

postheadericon自分の好みで作れます

ファッションに興味がある人は誰かが作ったものを着るだけでなく、いつかは自分がデザインしたものを着たいと思っている人も多いでしょう。

そういう人にぴったりなのがオリジナルTシャツです。これはTシャツのデザインを自分ですることができるので、自分だけのオリジナル商品となります。刺繍を入れたり、プリントをしたりとすることができるので、オシャレのセンスを他の道行く人にアピールすることもできるので、やってみると良いです。

ファッションにおける刺繍とは
刺繍とは、様々な色の糸を使用して地の布に縫い付け、模様や文字などを表していくことを指して言います。無地の服でも、自分らしさを加えたいというときにワンポイントで入れることが多いです。

最近はファッションもオリジナリティを追求する人が増えていて、オリジナルTシャツなどの政策をする方も増えています。プリントで模様を入れることが多いですが、刺繍で模様を入れることでより高級感を加えることができたり、洗濯後の耐久性が高まるというメリットがあります。

刺繍糸

postheadericonオリジナルTシャツを作成

オリジナルTシャツとは通常のTシャツとは違って、独特のTシャツを言います。本来のTシャツはお店側や業者が決まったイラストを元に作成するので、独特性がありません。その為外出する時に同じTシャツを着ている方に遭遇する可能性があります。

しかしオリジナルTシャツはその心配はまったくなく、自分好みの刺繍など実施する事で独特性が高いTシャツを手に入れる事ができます。最近ではファッションとして活用される事がとても多いです。

学校祭におけるオリジナルTシャツを作る歴史と今後
オリジナルTシャツというと、昔から学生の学校祭などのイベントで作られることが多かったです。

クラスで、生徒がそれぞれアイデアを出し合って、その中からみんなの投票でTシャツのデザインが選ばれるという手法が多かったのではないでしょうか。
これからは、インターネットの時代になってくるのでインターネットを使って、気に入ったデザインを何でも選んでオリジナルTシャツにすることができてきます。
オリジナリティもいろいろ出しやすくなってくるでしょう。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031